トップページ

ご挨拶

 シーモア行政書士事務所のホームページにようこそ。行政書士の遠藤直樹と申します。
高齢化社会を迎え、巷には相続、遺言についてのたくさんの情報が溢れています。なるべく費用をかけず、ご自分で解決される方も少なからずいらっしゃいます。しかし、書籍やネットの情報は一般例を挙げているだけであり、全てのケースに当てはまる訳ではありません。ですから、書籍やネットの情報をそのまま利用するのは危険です。例えば、遺言で間違いをしてしまうと、人生最後のご遺志が実現できなくなってしまいます。それは大変不幸なことではないでしょうか。また、ご自分で情報収集をし、勉強するとなると、多くの時間がかかってしまいます。
当事務所ではお客様のご事情、ご要望を、親身になって丁寧にお伺いした上で、専門知識を生かして、適切な助言、提案をさせて頂き、お客様がご納得された暁には、迅速に業務を行うことをお約束します。
相続・遺言について、よく分からないことがあれば、お気軽に当事務所にご相談下さい。任意後見についてのご相談も承っております。相談は無料です。

 

行政書士とは

行政書士は、さまざまな役所(例えば各省庁、都道府県庁、市町村役場、警察署、保健所などの行政機関)に提出する書類や、権利・義務に関する書類(例えば遺産分割協議書、各種契約書、内容証明など)、事実証明に関する書類(例えば議事録、会計帳簿、実地調査に基づく図面など)を作成するとともに、これら書類の提出手続きの代行や、書類作成の相談に応じることなどを業務とする国家資格者です。「頼れる街の法律家」として行政書士を是非ご活用下さい。


行政書士には、お客様の秘密を守る義務があり、この義務は、行政書士でなくなった後も継続します(行政書士法12条)。さらに、秘密を守る義務は罰則(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)を伴います(行政書士法22条)。このように、行政書士は法的な守秘義務を負う国家資格者ですので、安心してお任せいただけます。

 

営業のご案内

 

 営業時間

   9:00~19:00 (時間外も電話応対は致します。完全予約制とさせて頂いております。)

 定休日

   土日祝日 (定休日も電話応対は致します。事前予約して頂ければ定休日も出張致します。)